薪ブログ

薪の事に特化したブログ

煙突掃除は煤たっぷり!

2020年5月17日、煙突掃除をして薪ストーブシーズンを終わりにしました。

 

こんばんは薪ブログです。

 

大袈裟に言えば強制的に終わりにした。

まだちょくちょく焚いてたので笑

理由は梅雨入りまでに煙突掃除&本体メンテナンスを完了しときたかったから。

 

とはいえ高知県の梅雨入りは6月上旬、まだ少し時間はあるのですが、直前の日曜日が晴れるとは限らないから天気の良かった本日に煙突掃除をしたのです。

 

まず、バーミキュライトを取り出して炉内の灰を全て取り除きます。

f:id:firewoodblog:20200517212646j:image

これからの季節の湿気で錆が出そうな箇所には錆止め処理を施します(556等)

 

f:id:firewoodblog:20200517212956j:image

バーミキュライトを外すと先日の記事で書いた『変形したバッフル』が見えます。

手前側が膨らんでるのが良くわかりますね、、、

シンプル構造のイスラはこのバッフルを外すと煙突の穴が有ります。

このバッフルは交換するのですが、まだ部品が届いてないのでとりあえず外しっぱなしで本体側の作業はここまで。

 

そして煙突側ですが、まずシングル部を外します。イスラの構造では外さなくてもトップ側から掃除すれば炉内に煤を全て落とす事が出来るのですが(バッフルを外せば)、我家の場合はシングル部にダンパーを後付けしてる為にワイヤーブラシを貫通させられません。だからシングルを外して別々に掃除します。

f:id:firewoodblog:20200517212514j:image

で、、、写真はここまでです、、、

煙突掃除してると手が煤だらけになるから写真撮るのがかなり困難になるんで、、、涙

 

煙突トップ、二重煙突、シングル煙突と当然ですがすべて煤を落とします。

それでおかしな煤のつき方してる事に気づきました、、、

なんと二重煙突の煤がたっぷりと丼3杯分ぐらい取れたのです、、、

シングル部は茶碗一杯弱ぐらいの量でした。

トップは鳥の侵入防止の網目が塞がるような付き方はしてませんでした。

 

通常二重煙突よりもシングル部の方が沢山煤が取れるはずなのですが、、、

因みに二重煙突の長さは約4.5mでシングル部は約1mです。

二重煙突の長さが4倍強あるから沢山煤が取れるのは普通だと思われるかもしれませんが、それでもシングル部の煤が多くなるというのが一般的な通例です。それほど二重煙突の断熱性は優秀で煤が付きづらいのです。

 

では何故二重煙突から大量の煤が取れたのか?

あくまで推測ですが、理由はドラフトスタビライザーの開口による煙突温度の低下が考えられます。ていうか自分の知識ではそれぐらいしか原因が考えられない。

どんな煤が取れたかというと、シングル部も二重煙突部もフワフワサラサラの理想的な煤です。だから煙道火災の原因となるクレオソートが付いてる訳ではありません。

なので薪の未乾燥や低温燃焼が理由では無いのです。ていうかむしろバッフルが1シーズンで変形する程高温で焚いてるから笑

 

そんな条件から二重煙突の大量の煤はドラフトスタビライザー開口による煙突内温度低下と推測します。

一般的に煙突温度が150°以下になると煤やクレオソートが付きやすくなると言われますので、ドラフトスタビライザーから上の煙突内の温度がそれ以下になっている状況が長時間あったのでしょう。

先にも書きましたが煤自体はフワフワサラサラだったから、高温の炉内ではある程度完全燃焼に近い状態だったのだろうけど、煙突内温度が低すぎて煤が付きやすい環境が出来てしまっていたのでは?と考えました。

まあ、自分の焚き方が下手糞だったってだけの話しですが笑

 

来シーズンはドラフトスタビライザーをなるべく封印して、本体側の給気調整レバー若くはダンパーによる排気コントロールを心掛けて煙突内温度を下げない焚き方をやってみようと思います。

 

煙突掃除は1年に1度必ずやるべきだと改めて感じました。煙突掃除は薪ストーブの焚き方を診断する重要なメンテナンスと言われる訳ですね!

1シーズンの煤が茶碗一杯以下になるまでは毎年煙突掃除をしようと改めて思った次第です。

今シーズンの煤の量は約丼ぶり3.5杯!

下手糞めチキショー!!

 

また次回

 

 

薪を回収してきました

先日の日曜日に山に残していた楢の原木を玉切して回収してきました。

 

こんばんは薪ブログです。

 

f:id:firewoodblog:20200422001332j:image

一応これで今シーズン山に入るのは最後の予定です。あくまで予定ですが笑

 

去年の秋から今年の春にかけて、約8㎥の薪を作りました。我家のシーズン消費量は約7㎥なので1㎥の余剰が出来た事になります。

今シーズン作った薪を焚くのは3〜4年後の予定です。

f:id:firewoodblog:20200422002025j:image

 

自ら山に入って伐倒するのは一応一区切りですが、原木を頂ける機会があれば薪作りは年中無休です。

 

 

ps.システムの不具合なのか?何故か私だけコメントが書けなくなってます、、、

運営にメールで問い合わせてますが、とりあえず現在解消されてません。

前回の記事にコメント頂いてますが、そんな理由で返せてないのでここで返させて頂きます。

 

コメント返し↓

てんてん親父様

全くその通りでございます!

大き目の薪を選んで割り直して含水率を測ってるのですが、私も基本的に一辺8センチ前後を目指して薪割りしてます。斧なので精度がイマイチですが、、、笑

 

また次回

 

 

薪の含水率(2年乾燥)樫

4月に入りました。

これにより樫様の乾燥期間が2年(24ヶ月)となったので、恒例の含水率計測を行いました。

 

結論から↓

当然改めて割った中身を計測してます。

※含水率計の針を自立するまで刺します

1本目

f:id:firewoodblog:20200420133803j:image

21%で不合格!

 

二本目

f:id:firewoodblog:20200420134221j:image

22%でこれまた不合格!

 

樫様は乾燥期間24ヶ月(2年)でも含水率20%以外にはなりませんでした。

ただし前回乾燥期間18ヶ月で測った時より2〜3%含水率が下がってるから、あと半年時間を掛ければ合格ラインである20%以下になる可能性が見えてきました。来シーズンはやっと含水率20%以下の樫を焚けるかもしれません。

※勿論これは我家の薪棚環境での事なのでもっと風通しの良い環境であれば結果は変わってくるでしょう。

 

★今回の計測でのまとめ

我家の薪棚環境において、

樫は2年乾燥でも乾かなかった。

樫は2年半以上の乾燥期間があれば含水率20%以下になるかも。

更に理想的な18%以下とするには3年の乾燥期間が必要なのかもしれません。

 

このブログでは半年毎に含水率を測って記事にしてきました。そんな過去の記事も紹介させていただきます↓

薪の含水率【1年乾燥では】 - 薪ブログ

薪の含水率 【18ヶ月乾燥】 - 薪ブログ

 

ついでにコナラの含水率も割って測りました

このコナラは2019年1月に伐採して薪にした物なので乾燥期間は15ヵ月です。

f:id:firewoodblog:20200421042456j:image

21%で不合格ですが、結構乾いてきてますね。

コナラは2年(24ヵ月)で18%以下までいけそうです♪

 

桜も割って測りました。

この桜は2018年12月に薪にした物なので乾燥期間は16ヶ月です。

f:id:firewoodblog:20200420140110j:image

19%でギリギリ合格!

以前の記事の時に桜は18ヶ月で含水率が下がる、と書いたが大体合ってるみたいですね。

 

いや〜薪って乾燥にホント時間かかりますね!

 

また次回

 

薪スト-ブお勧め動画

こんばんは薪ブログです

 

4月も中旬になり、薪ストーブシーズンも本当に終盤戦となってまいりました。

因みに我家は5月に入っても焚くと思います笑

 

薪ストーブシーズンが終われば煙突掃除や本体メンテ等を行う方も多いと思われます、今日紹介する動画はそんなメンテナンスをわかりやすく紹介して下さってる物を集めてみました。

 

動画を観て頂く前に少しだけ各動画を紹介します。

 

1番目の動画は熊本県阿蘇にある薪ストーブ店『クヌギの森』さんの動画です。

内容はメンテナンスというよりプロの薪ストーブ屋さんが行っている納品前のセルフメンテ的な内容で、丁寧な仕事ぶりが伝わりまた一般ユーザーも勉強になる点がある内容だと思います。

クヌギの森さんは『薪Tube』という動画配信を行なっていて、今話題のTバーン燃焼の元祖でもあり、紹介するこの動画以外にも興味深い動画を沢山UPされているので時間ある時に是非チェックされてみてはどうでしょうか。

 

www.youtube.com

 

 

2番目の動画は長野県池田町にある『山風舎』さんによる薪ストーブのメンテナンスについて非常に細かく説明されている講習会の様子をそのままUPして下さっている物で、メンテナンス未経験の方には大変参考になる内容だと思います。

※この動画は第2部もあるので続けて観てみてはいかがでしょうか。

www.youtube.com

 

3番目の動画は広島県の薪ストーブ屋さん『ウッドストック』さんによる煙突掃除とメンテナンスの動画ですが、この動画は視覚的にとてもわかりやすい内容なのでイメージが掴み易い動画だと思います。

www.youtube.com

 

以上3つの動画を紹介させて頂きましたが、こういうプロのノウハウを惜しげ無く動画公開して下さっている事はとても有り難い事だと思います。このブログを読んで下さっている方のシーズンオフメンテナンスの参考になれば幸いです。

 

また次回

 

 

外気導入の穴開けました

コロ薪という文字を見るとコロナと混同します。


こんばんは薪ブログです。

 

タイトル通り外気導入の穴を開けました

f:id:firewoodblog:20200403125135j:image

f:id:firewoodblog:20200403125146j:image

我家は土間と床に200ミリの段差があり、その段差を利用して床下に繋がる100φの穴を開けました。

仕事柄住宅設備もかじってるのである程度分かるのですが、基礎伏せ図を見てコンクリート基礎壁の天端が土間プラス75mmまできてる事がわかってたので土間プラス150mmを芯とした穴を開けましたが、図面通り駆体があって良かったです笑

f:id:firewoodblog:20200403130545p:image

基礎壁の上に乗っかってる土台(角材)に穴を開けた事になります。写真で薄っすら見えているピンクの物体は食洗機に繋がってる給湯パイプで、その奥に白く見えてるのは断熱材です。その下の黒い空間が床下と基礎の内空です。反対側はキッチンカウンターになっており、引き出しを外して給水パイプ等の位置は確認してましたが、やっぱり見えない箇所にドリル(ホルソー)を貫通させるのは緊張します笑

現在の家は基礎壁の上にネコと言われる強化プラスチックの台座がありこのネコにより隙間をつくっているから床下は外気と自然換気されてます。

なので基礎に通じる穴を開ければ薪ストーブの間接外気導入口は以外とあっさり完成してしまいます。

f:id:firewoodblog:20200404051138j:image

最後にガラリという化粧金具をつけるのですが、これを付けると少なからず抵抗が増えるから暫くガラリ無しの剥き出しの穴状態でやってみようと思います。

 

さて、家の構造に興味が無い方には全く頭に入って来ない文書をダラダラとかきましたが笑

何故この外気導入孔を開けたかというと、それは今までこのブログを読んで下さってる方には解ると思いますが、我家が温まりづらい原因だと考えている木製建具の引戸からの『隙間風問題』を解決する為です。

 

f:id:firewoodblog:20200404120659j:image

因みに今朝焚いてみましたがかなり好感触でした、

間接外気導入口は温度が上がりにくい我家の''救世主''となる予感がしまくっております♪

 

とはいえ、今朝の外の最低気温は9度だったので寒くなる6〜7日に効果の程を確認してみようと思います。

f:id:firewoodblog:20200404121117j:image

 

 

また次回

 

 

 

 

 

薪ストーブは魔法の暖房器具では無かった

すっかり春らしくなってストーブも朝だけしか焚かない日もポツポツでてきました。

 

こんばんは薪ブログです

 

前回の記事でバッフルが変形した事を書きましたが、それから自分の焚き方を見直しております。

 

もーね、、、自分が思い描いていた薪ストーブへの期待度が高すぎたんだと大反省しております。

なるべく一撃で部屋を温めてやろうとして薪を多く入れた結果、大好きなイスラを損傷させてしまいました。

ようは追加薪を面倒くさがった結果という事だと思う、、、

 

おかしいやないか!

薪ストーブ大好きで、その薪自体も大好きだから沢山作って3シーズン分以上薪を蓄えてるのに追加薪を面倒くさがる様な焚き方してるって矛盾してるやろ!

そもそも薪ストーブってヤツはゆっくり焚いて心にゆとりを持ちながら炎を眺めてジワジワと部屋を温める事も醍醐味じゃないの?

前回の記事でイスラの暖房能力が低いのでは?と思われた方がいるといけないのであえて訂正しておきますが、

はっきり言ってイスラはとても温かいストーブです!

っていうか暑いです!

っていうか痛いです!笑

温かくて、クソでかい前面ガラスから観る炎は本当に美しい!そしてその前面ガラスには魔法がかかってるかのごとく雲らないから美しい炎を永遠と眺める事ができる。

燃費は普通かな?笑

勿論難点もあって、追加薪の時に熱すぎるのと煙が盛大に室内に漏れます。ただこれは炉内の薪がしっかり熾になって炎が出てない状態であれば回避できます。

それでもだいぶ熱いけど笑

 

バッフルが変形してから大反省して焚き方を見直しました。

我家の快適な室温は24℃です。朝は外気温の状況にもよりますが、家族が起きてくる7時までに22〜24℃まで室内を上げる焚き方をしてます。

朝起きると大体室温は16〜18℃。

今までより1時間早く起きて4時に点火するようになりました。

7時までに2回追加薪をすれば室温は22℃を超えます。

天板温度は300℃前後を狙って焚く様になりました。(以前は400℃を目指していた)

この焚き方にして気づいたのは炎がとても綺麗だという事、イスラにとってこの焚き方が調子いいZONEなのでは?と感じている。

f:id:firewoodblog:20200328071323j:image

 

 

 

ではまた次回

 

 

 

バッフルが変形した

ストーブシーズン終盤戦真っ只中!

 

こんばんは薪ブログです。

 

タイトル通り、

バッフルが変形しました。

f:id:firewoodblog:20200315102108j:image

判りずらいので黄色のラインを入れてますが、中央部が下に開いて口を開けたような状態です。1番開いた中央部で約20mm程の開口。

これは前面扉側で本来は閉じていて、排気が裏側から入る構造。

あと、バーミキュライトにヒビが入ってますが恥ずかしいのでスルーして下さい笑1シーズンに2回も割るなんて恥ずかしくて記事にも出来ません笑

 

※バッフル=排気を制御する部品
薪ストーブをイスラに入れ替えて1シーズン目、たった1シーズンもまだ終わって無いのに変形した、、、正直ショックです。

 

しかし、ストーブに欠陥がある訳では有りません。

変形の理由は自分の焚き方がストーブを高温にし過ぎる事、それしか考えられない。

薪の乾燥期間は1年半〜2年でシーズン前に含水率も測っており20%以下である事も確認してるから薪に原因があるとは考えられない。

 

では今シーズンどんな焚き方をしてきたのかを振り返らなければいけない。

自分の焚き方は煙突根本温度300℃を基準に給気を絞り始める(ドラフトスタビライザーを開ける)。そして天板温度は300℃〜400℃未満を目指して焚いてきた。

天板温度の上がり方はストーブの機種によって違いがあるので参考にならないかもしれないが、とにかく自分はそういう焚き方をしてきた。

※同じイスラを使ってる方には参考になるかもしれません。

 

とはいえ、実際に天板温度400℃まで上がったのは数える程度だった。

数えてないが多く見積って20回以下ぐらいだった感覚だ。

天板温度が400℃を超えた事もある、前回の記事でも書いたがウバメガシを焚いた時は450℃まで上がってしまった。

f:id:firewoodblog:20200315181545j:image

400℃を超えた事は3回程あったと思う。

これが良く無かったのか?

いやいや絶対良く無かったのだ、変形したのだから笑

 

このストーブの構造を見てみたい↓

(パナデロJAPANのHPより抜粋)

f:id:firewoodblog:20200314230903j:image

↑の図で分かる通り、天板の直ぐ下には給気した空気の通り道があるからそう簡単には天板温度は上がらない。

この構造で400℃付近まで天板温度を上げるのは酷使し過ぎ?、、、わからない誰か教えて下さい笑

天板の直ぐ下に給気の通り道となる空間があってその下にまた鉄板が有り、そしてその鉄板にボルト固定されているのがバッフルプレートとなる。(図面にバッフルは表記されて無いが現実そこに有る)

更にその下にバーミキュライトの天板がある。

 

そもそもバッフルは最も高温に晒される部品だから消耗品ではある。

イスラはクリーンバーン機だが(以下CB機)CB機にも色々な構造の物が有って小さな穴が沢山空いたCBチューブにより高熱を吹き付けるタイプが一般的なのかもしれないが、イスラはバッフルにより排気をS字に曲げて排気距離を増やして煙を燃焼させるシンプルな構造だ、尚且つバーミキュライトによる高温の反射熱も相まって燃焼効率を高めて排気を綺麗にしている構造だと自分は認識している。

そもそもクリーンバーンってなに?という方は話しが長くなるので細かく書くのは割愛するけど、簡単に言うと排気が煙突に到達するまでに煙まで燃やしてクリーンな排気を煙突から外に出すという事。

一般的に煙まで燃やす事を2次燃焼とか3次燃焼という。

イスラは2次燃焼のCB機という事だが、バーミキュライトの反射熱により煙を燃やしていると考えると3次燃焼となるのかもしれない。

さて、素人が自分の勝手な解釈で偉そうに書いてますが間違いがあれば是非ご指摘下さい!

知りたがりなので逆に教えて頂きたいです笑

 

話それたけど、バッフルは消耗品という所からです。

今回変形してしまった事で気づいたのだが、イスラのシンプルな構造は自分のような高温焚き野郎にマッチしているのではないか?と思う。

要はバッフルを交換すれば良いだけだからだ。※既にストーブ屋さんにはバッフルを注文済み。

もっと言うとバッフルを交換していけば、ストーブ本体の寿命はかなり長く使えるかもしれないと思っている。まあ、あくまで希望的観測ですが笑

とはいえ、やはり毎シーズンバッフルを交換するのはアホなので、残りの今シーズンと来シーズンからは天板温度300℃前後程度を狙って焚いていきたいと考えてます。

3〜5年は持って欲しいですね、、、

 

それでは今回の変形でどんな不具合が出るのか?

写真で分かる通りバッフルの前がたわんで(伸びて)隙間が開いてしまっている。

これにより排気がこの隙間から煙突に直接入っしまって排気距離をロスしてる事になる。排気距離が短くなれば本来のクリーンバーン機能が発揮されないから煙突が汚れやすく尚且つ外気に放出される煙の量が増える訳です。

更にストーブ内に留まる熱も距離が短くなった分早く排出されるため暖房能力も低下してしまうという訳です、、、、

超簡単にいうと1次燃焼しかしない構造に近づいたという事。

実際の状態は変形によって出来た隙間に排気の炎が入っているのは目視で排気全体の1/5程度ぐらいかな?

正直使用感に変わりはありません、室内でストーブの炎を眺めていても全くバッフルの変化には気づかないでしょう。煙突から出る煙は若干増えていると思いますが、まあその変化に気付くヤツがいたらもう変態レベルの煙オタクですね笑

だから気付かずに使ってる方も結構いるのではないでしょうか?将来的にバッフルか割れたりして明らかに燃焼に変化がでてやっと気付くパターンが殆どかも知れません。

イスラは燃焼中でも斜め下から覗き込めばバッフルが見えるので、まあ不幸中の幸いという事になるでしょう。変な話しやけどイスラのシンプルな構造に助けられた感じです。気付かなければ来シーズンも再来シーズンも同じ焚き方をして、バッフル以外の交換の出来ない箇所も傷めて取返しのつかない事になってたかも、、、

今後使用温度を抑えてバッフルの更なる変形が止まるのか?進むのか?注視していきたいと思っている。

一つ気づいた点があります。

焚付けからストーブ温度が上昇していく過程でストーブ本体から聴こえていた『カン♪カン♪』という音が最近全くしないのです。

あの音はバッフルが変形する音だったのか?現在音が全くしないのはバッフルがある程度伸びて変形が止まったのか?

いずれにしてもこの音がしなくなった事は事実で、バッフルの状態の変化と関係がある可能性が非常に高い。

 

話しが1番最初の方に戻りますが、そもそも自分の高温焚きには理由があってこのブログで何度も書いてきた事ですが、我家は温まり辛いのです、、、

リビングが22.4坪(45畳)の吹き抜けで、高断熱ですが高気密ではなく、南側は壁一面全てガラス張りで(勿論ペアガラス)この一面は引戸となっており木製建具の為に隙間風が入り易くなっている。

以前使用していた小野ストーブさんのジェニファでもそうだったが、このリビング空間を2時間で5℃温度上昇させる焚き方が自分のベースとなっていて、それを可能にするのがイスラでは天板温度300〜400℃となっていたのだ。

f:id:firewoodblog:20200315181953j:image

残念ながら今後もこの焚き方を続ける訳にはいかないから、天板温度350℃をレッドラインとして250〜300℃を基準に焚いて行こうと思う。ただ、外気温が3℃以下の朝だと天板温度250℃では1時間当たり1℃強ぐらいしか室温が上がらないので朝3時起きで点火しなければならなくなるかも笑

それは無理だわ!

現実的なのは夜寝る前に薪をガッツリ追加して朝まで余熱をしっかり残す作戦ですね。

あとは、う〜ん、、、ストーブ二台置こうかな?笑

勿論煙突も新設して。

まあそれは冗談半分ですが、でも半分です笑

自分は薪ストーブオタク(廃人)なのでストーブ2台を設備する事は前々から夢ではあるのでもしかするといつか本当にやっちゃうかもしれません笑

 

ではまた次回