薪ブログ

薪の事に特化したブログ

薪の2年乾燥にこだわる必要は無い

薪の理想的な乾燥期間は2年

 

こんばんは薪ブログです

 

タイトルの

【薪の2年乾燥にこだわる必要は無い】

ドキッ!!っとするタイトル!

やはり2年乾燥は理想的です笑

 

しかし、1シーズンで焚く薪の全てが2年乾燥で無くてもいいのです。

 

2年乾燥は焚付けから最初の熾を作るまででよいのです。炉内に熾が出来てからは半年乾燥でも良く燃えます。

炉内に熾が沢山あれば多少乾燥が甘くても煙突も汚れ難いでしょう、それは焚いていて感じます。煙もそれほど出ません。

 

例えば、1シーズンの薪消費量が10㎥であれば半分が2年乾燥で、残りは半年以上の乾燥期間が有れば良いと思います。

 

現在の我家の焚き方↓

最初に炉内に組む薪は乾燥期間1年半以上の含水率20%以下の薪で、まず熾を沢山造ります。

追加薪は半年乾燥程度のコロ薪を使ってます。

多少火付きは悪い感じはありますが、炉内に熾がしっかり敷き詰められている状態であればしっかり燃えてストーブ温度もガツンと上げてくれます。

 

 

枝薪も同じ考え方で良いと思います。

枝薪って乾燥にめちゃくちゃ時間が掛かるから敬遠されがちだし、実際に2年乾燥させても木口から泡を吹くって話しを良く耳にする。

だからって枝薪を3年とか薪棚に保管するのって、凄く効率悪いですよね、、、

 

だから自分は枝薪に関しては追加薪でしか使用しないと決めてます。

そうすると半年乾燥でも使えるし、むしろ枝薪って凄く大活躍してくれますよ!

f:id:firewoodblog:20191206222402j:image

騙されたと思って半年乾燥以上の手首サイズ以下の枝薪を追加薪として5、6っ本入れてみて下さい、もの凄い火力でしっかりとストーブ本体温度を上げて、その枝薪の熾は極上です。

特に樫の枝薪は絶品です。

f:id:firewoodblog:20191206222448j:image

 

 

ブログやSNSの投稿を見てると『2年物の在庫が底をつきそう、、、』など良く見かけるけど、2年乾燥の薪は最初の焚付けだけで使ってれば、それほど減らないのではないでしょうか、適材適所というヤツですね。

 

今日が12/6、今シーズン始まって約1カ月半が過ぎましたが我家の追加薪は全て半年〜1年半乾燥のコロ薪です。

お陰で含水率20%以下の通常薪が全然減りません笑

我家のコロ薪小屋↓

f:id:firewoodblog:20191206220657j:image

※↑ここを空にする為にコロ薪を焚いてるのですが現在約半分を消費しました。

 

コロ薪は収納スペースに困るので早め消費したいのですが、このルーティーンでいけば悩み解決です。

今現在作ってる薪は2、3年後に焚く事になりますが、今作ってる薪の端材であるコロ薪は来期に追加薪として使用するサイクルで良いのです。

※因みに↓こちら今朝の写真ですが、この山盛りの熾は全て半年乾燥の樫とケヤキの大きめのコロ薪です。

f:id:firewoodblog:20191206221257j:image

めちゃくちゃ暖かかったです❤︎

ガラスも曇りません❤︎

 

炎が出なくなった熾は給気を絞ってもバッチリ暖かい。

 

全ての薪を2年乾燥っていうのは敷居が高過ぎます、、、

各家庭で保有している薪で乾燥期間が長い物と短い物を上手く使い分ければ色々と解決する問題があると思います♪

 

久しぶりに薪ブログらしい記事だ笑

 

ではまた次回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イスラの焚き方を動画で解説

こんばんは薪ブログです

 

パナデロ社イスラの焚き方を解説する動画を作りました。

偉そうなテーマの動画ですが、沢山有る焚き方の一例として参考になる点は参考になればと思います。

動画は約1時間とかなり長く、しかもその1時間ずっと喋ってます笑

悪しからず笑

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

PANADERO イスラの使用感【3】

前回からの続き<<

 

イスラの使用感について、

これまで暖房性能とドラフトスタビライザーの事について書いてきたが、今回はその他何点か気づいた点について書かせて頂きます。

f:id:firewoodblog:20191128221124p:image

 

■ガラスが雲らない

もうね、最高すぎる!

魔法でもかかってるんじゃないか?と思うぐらいこのストーブはガラスがくもりません。

 

薪ストーブってある程度ガラスの雲りは仕方の無い物だと思ってました。どんなに上手に焚いても週に2、3回ぐらいはガラスを拭いてやらないと雲ってクリアな炎が綺麗に見えないものだと、、、、

まあクリアな炎を見なくていいって人ならほったらかしなんでしょうが笑

 

イスラは本当に雲らない

大きな前面ガラスを採用しているストーブだから勿論ダイナミックな炎を楽しめる機種でもある訳ですが、ガラスがいつもクリアだからその長所を常に存分に味わう事ができます。

もしかしたら1シーズン1度もガラスを拭く必要が無いかもしれないレベル。

大満足です♪

 

ただ、インスタグラム等で投稿されている画像を見るとガラスが真っ黒に煤けてるイスラを見かける事があります、、、逆にどんな焚き方をすればあんなに煤けるのか?笑

不思議です。

針葉樹だと煤けるのかな?

 

私の育てた薪が優秀なのと、焚き方が上手って事もあるかもしれません(自画自賛)笑

※ガラスの端っこは少し曇る事はあります。

 

 

■操作が超シンプルで簡単

薪ストーブの各操作系をイジり倒て自分で炎を操って楽しみたいって方もいるでしょう。私が以前使用していたストーブもそういうイジる系のストーブで、実際にイジってかなり楽しみましたし、沢山勉強になりました。

しかしこのイスラとドラフトスタビライザーの組み合わせは全く逆で、全然イジる事がありません。やる事はドラフトスタビライザーを開けるか閉めるだけです。

ストーブがオートマチックなのでは無くて、ドラフトスタビライザーが全部やってくれるからなんですけどね。だから、イスラで無く他の機種でもドラフトスタビライザーを付ければオートマチックになるからお勧めです。

ストーブとの愛称はあるかもしれませんが。

※T型煙突を組み合わせなければならないので、別途煙突の組み換えが必要になります。

 

ストーブの入れ替えにあたって自分が新しいストーブに求た事が簡単操作で家族誰でも扱い安いという点もあったからコレはズバリ正解でした。

 

■薪の追加に難有り

薪の追加時に注意が必要です。

前面扉を開けた時に煙が漏れ易いから速やかに薪の追加を行う必要があります。

また、扉を開けた時に凄く熱いからそういう意味でも速やかな追加が必要となります。

この点は欠点と言えると思いますが、ただしそれと引き換えに前面扉全体に張られたガラスで炎を楽しめる機種なので構造上仕方の無い事だと思います。

 

■外気導入について

薪ストーブの燃焼に必要な空気を外気導入する場合とそうで無い場合があります。

因みに我が家は外気導入ではありません。

正直後悔しています。

我家は高気密住宅ではありませんが高断熱住宅です。薪ストーブの燃焼に必要な空気は窓等の隙間風を室内に取り入れてる訳ですが、その影響でリビングの足元が寒くて部屋が暖かくなるまでに時間がかかります、、、

家を建てる時にやっておけば良かったのですが、後の祭りですね笑

 

さて、そんな前置きをしてからイスラの外気導入について書きたいと思います。

イスラというか、ドラフトスタビライザーですね!

イスラには直接外気導入するタイプとそうで無いタイプ(室内の空気を取り込むタイプ)がありますが、当然我家のイスラは後者です。

ただ、直接外気導入を選択した場合に考えなければならない点があると思うのです。

それはドラフトスタビライザーに対する外気導入です。

ストーブ本体に直接外気導入を行なっても、ドラフトスタビライザーも給気するわけですから、そこら辺の兼ね合いはどうだろうか?って話です。

パナデロジャパンのHPを見ると、ドラフトスタビライザーに対しても直接外気導入の形をとってる施工例が紹介されてます

※施工例⇒ドラフトスタビライザーに対する直接外気導入

確かに両方に直接外気導入を行えば1番良いのですが、そうするとドラフトスタビライザーの開閉の為にその都度寒い外にでるのかな?と思うわけで、、、

あくまで素人である私の考えだから浅はかかもしれないが、私が考えるイスラとドラフトスタビライザーに対する有効な外気導入の形はズバリ間接外気導入?そんな言葉があるのかどうかも定かではないけど笑

間接外気導入とは、蛇腹などで直接ストーブに外気導入するのでは無く、ストーブ本体のすぐ裏の床や壁に150φ程度の外気導入口を設けて、ガラリ等で開閉式にしておけば良いと思うのです。そうすればストーブ本体に対してもドラフトスタビライザーに対しても、部屋の生活空間に冷たい隙間風を通す事無くストーブを焚く事が出来るからです。(高気密住宅なら尚更)

イスラとドラフトスタビライザーを導入する方はこの方法を頭に入れつつストーブ屋さんと打ち合わせをされてみてはどうでしょうか?

因みに自分の幼馴染みが新築で近々導入するのですが、私の説明を真摯聴いてくれてこの方法で施工する事となってます。

自分としても、我家と同じストーブ&ドラフトスタビライザーの組み合わせで、間接外気導入によって我家とどれ程部屋の温まり方に差があるのか?とても興味があり、楽しみです。

 

 

 

以上【1】〜【3】に渡って長々とイスラの使用感についてレポートしてきました。

今後新たに気づいた点あればまたレポートしていきたいと思います。

 

そして次回はイスラの焚き方について、動画で解説していきます。

 

ではまた次回

 

 

 

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

薪集め(クヌギ伐倒)

腰とか腰とか腰とか痛い

 

こんばんは薪ブログです

 

タイトル通り先週と今日の日曜日を二回使ってクヌギ様を回収しました。

 

昨シーズンもお世話になったクヌギの現場ですが、ここの現場はとても過酷です笑

 

単なる山です

人間が歩ける道もほとんどありません笑

 

先週の日曜日に仲間3人で山に入って20〜30センチのクヌギ様5本横になって頂きました。

斜面での玉切は本当に腰に良くない笑

 

今日はその玉を山から下ろして回収してきた。

自分の成果は軽トラ1杯分

f:id:firewoodblog:20191124144104j:image

掛けた時間と労力からすればかなり少ないが、良い運動になります笑

 

実際はもう少しとれてたのだけど、残りは仲間2人に譲りました。自分は置場が乏しいので涙

 

今シーズンはもう一つクヌギの伐採依頼を貰ってる現場があるから、暫くクヌギさんと戯れる事になりそうです❤︎

 

また次回

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

PANADERO イスラの使用感【2】

前回からの続き<<

 

今回はドラフトスタビライザーについて書きます。

f:id:firewoodblog:20191120231615j:image

私はストーブ屋でも無ければ専門家でも無く、はたまたパナデロジャパンの回し物でもないただの一般ユーザーです。

専門的観点から見れば間違った事も書くかもしれないが、実際に我家における唯一の暖房設備としてイスラを使用しているユーザー視点の実例として書いていく。

※突っ込みどころあればビシビシ御指導御鞭撻宜しくお願い致します。

 

我家に導入したこの薪ストーブとドラフトスタビライザーは日本ではまだ新しい機種と排気コントールシステムだから一般ユーザー視点での情報が非常に少ない。というかこうしてブログで発信しているユーザーはまだ私だけだろう笑

 

密かに脚光を浴びつつあるこのストーブとシステムの導入を検討している方の検索にヒットする可能性もあるからしっかりと書いていきたいと思っている。

 

では今回の本題であるドラフトスタビライザーに付いてだが、メーカーが発表している概要が詳しく書かれていて分かりやすいので以下に紹介します↓

 ドラフトスタビライザー | コラム | 薪ストーブ PANADERO(パナデロ)

↑を踏まえた上でこのブログでは実際に使用した実感を交えて書いていきます。

 

まず、私は従来型の排気コントロールシステムとして日本に普及している”ダンパー”も以前使用していたストーブで使っていたのだが、

ダンパーとスタビライザーでどちらが良いか?

と尋ねられると、正直どちらにも優位性があるから回答する事は難しい。

 

★ドラフトスタビライザーの良い点

オートマチック(ワンタッチ)であり、操作が非常に簡単。

 

★煙突ダンパーの良い点

マニュアル操作で排気コントロールの幅がスタビライザーよりも広い。

 

上に書いたダンパーの優位性(排気コントロールの幅が広い)について分かりやすい例で説明すると、オーロラ燃焼がそれになる。

スタビライザーではオーロラが出現するほどに排気を絞る事は出来ないのだ。

ただし、そもそもドラフトスタビライザーはオーロラを発生させる為に作られた物では無いから全くそれが欠点になる訳では無いのだが、排気コントロールの幅を説明する為にあえて書かせて貰った。

 

実際に使用したドラフトスタビライザーの印象は非常に良いです。

何よりオートマチックでしっかりと排気コントロールをしてくれる。

何がしっかりなのか?というと、このスタビライザーが生み出す効果は巡航運転にある。

 

私の使い方は常に給気は全開で、煙突根元温度300〜450℃でドラフトスタビライザーを発動させるだけ。

着火から巡航運転までの薪ストーブ操作は、点火→ドラフトスタビライザーを開ける、ただそれだけの超シンプル操作。

※薪を追加する時はドラフトスタビライザーを1度閉めて、火が回ったらまた開ける。

 

基本的にドラフトスタビライザーを開けた時点での煙突根元温度を一定に保ちながらストーブ本体温度(天板温度)は上昇していく。

※この事は自分が煙突根元とストーブ天板温度とを睨めっこして確認した事で間違いない。

 

一般的には給気を一杯に開き、煙突のドラフトを強くして薪の燃焼を加速させる事で本体温度を上げるのだが、スタビライザーはドラフトを下げる事によりストーブ内に薪の燃焼パワーを閉じ込めて本体温度を上げるのだ

ただしこれは煙突ダンパーでも理屈は同じ事なのだがコレをスタビライザーでは弁を開けるだけ(ワンタッチ)でその後はオートマチックでやってくれるという所が大事なのだ。

そしてスタビライザーはその具合が非常に良い。

 

先に煙突根元温度300〜450℃と書いたが、この幅の意味は部屋をガッツリ暖めたい時は450℃に近い温度(もしくはそれ以上でもいいだろう)でスタビライザーを発動させるという事だ。

■スタビライザーを開ける

→ドラフトが下がる

→煙突から外に捨てられる熱が減る

→炉内に薪の燃焼パワーが留まる

→ストーブ本体温度が上がる

→部屋が暖まる

→ドラフトが下がってる事で薪の消耗が少ない

→燃費がいい

↑任意の煙突根元温度でドラフトスタビライザーを発動させるだけでこの状態の巡航運転が始まる。

 

因みになぜ300℃〜なのかというと、炉内が二次燃焼を始める550℃以上になるのが煙突根元温度約300℃だから。

逆に煙突根元温度300℃以下でスタビライザーを開けると煙突内を盛大汚してしまう結果になる可能性があるからそこは注意点ですね。

※煙突根元温度が300℃でも炉内の薪全体に炎が回って無ければスタビライザ-は開けませんよ(一応)

 

さらにドラフトスタビライザーを開ける事により煙突に何が起こっているかという事をもう少し詳しく(マニアックに)書くと、

f:id:firewoodblog:20191121005826j:image

↑上の写真が我家の煙突なのだが、ストーブ本体から約1mがシングルで上は二重煙突となっている。

煙突根元温度が350℃の場合、ドラフトスタビライザーが付いているシングルTから上のシングル部の温度は大体230℃ぐらいなのだが、スタビライザーを開けることで煙突は冷やされスタビライザーから上のシングル部の温度は120℃ぐらいまで下がる。

これがどういう事かというと、ドラフトスタビライザーはストーブ炉内以外から煙突に給気する事で煙突のドラフトを下げると思われがちだが実は違う。

勿論スタビライザーの弁が開く事で炉内から引っ張られる排気量は減るのだが、同時に煙突が冷され、根本的に煙突全体のドラフトが下がっている訳だ。

★これによって色々な事が起こります。

①煙突本体のドラフトが下がる事で室内空気の排出量も減る。

スタビライザーを開く事でせっかく温まってきた室内空気も盛大に排出されると思いがちだが、実は大した量では無い。それは先に述べた通り煙突自体が冷やされて煙突温度120℃程度のドラフトしか発生しなくなっているからだ。

実際に操作しててわかるのは、煙突温度が十分に熱せられてスタビライザーを開けた瞬間は『ゴーー!』という音と共に激しく室内空気がスタビライザーの穴から煙突内に吸い込まれていく音がするのだが、煙突温度は急速に下がって音はしなくなる。

 

②実はシングル煙突部による輻射熱の恩恵をあまり受けられない。

先にも書いた通り、ドラフトスタビライザーから上の部分は120℃程度まで煙突温度が下がるのだから、煙突の輻射熱で暖房性能の恩恵を受けたいとの狙いであえてシングル部を設けるのは余り意味が無い。

ドラフトスタビライザーを採用するのであれば煙突根元から全て二重煙突にするもしくはドラフトスタビライザーが付いているT型煙突から二重煙突する、という方が理にかなっているだろう。

※二重煙突の方がドラフトが安定して立ち上がりが良いからだ、

ただし煙突の経費を削りたいが為にシングル部を設ける場合は話が別。

※我家の場合もシングル煙突からの輻射熱による恩恵を受ける為にあえて下部をシングルにしたのだが、余り意味がないから煙突の組み合わせを変えてみようと思っている。

現在はシングルTが真ん中になっているが、これを上に持ってこようとしている。

f:id:firewoodblog:20191122142127j:image

こうする事でスタビライザー使用時の煙突温度低下の影響は二重煙突にしか起こらなくなり、シングル管からの輻射熱を受ける距離が長くなる。

ただその為には伸縮シングルを少しカットしなければいけないから、シーズン中にやるかシーズン後にやるかで悩んでる。

前回の記事で書いたが、イスラと昨シーズンまで使っていたジェニファとで暖房性能はほぼ同じと感じているが、正直シングル部を設けたのに同じというのは少し寂しい笑(ジェニファ時代は全て二重煙突)

この件に関してやってみて効果が有ると感じたらまたレポートさせてもらいます。

 

 

③煙突が冷える事で煙突内に煤が付き易くなる

↑この事を良く理解した上でドラフトスタビライザーの操作をする必要があると思っている。先にも書いたが煙突根元温度300℃以上の状態でないとスタビライザーは開けないほうがいい。

たかだか120℃程度しか無い煙突に、低い炉内温度で煙モクモクの状態の排気が通ると屋根から上のトップ付近はさらに低温となっているわけだから汚れやすくなる事が予想される。

炉内でしっかりと二次燃焼が行われてクリーンになった排気が煙突に流れる状態になってからスタビライザ-を開けるべきだろう。

※だだしコレは点火から巡航運転までの話であって、一度高温まで上がって、炉内が熾の状態になった上での炉内温度低下の時は関係ないだろう。熾は煙をほとんど発してないから。

 

さてさて、自分でも何度も読み直さないと訳わからんほどごちゃごちゃと書いたが伝わってますか?笑

 

始めにドラフトスタビライザーとダンパーの優劣について少し触れたが、どちらか一つしか付けられないと言う条件を突き付けられたら私はスタビライザーを選びます。

1番良いのはドラフトスタビライザーとダンパーの両方が有れば良いですね笑

だから自分はダンパーも付ける事にした

もうすでに買ってある笑

シングル煙突に6mmの穴を開けるだけで簡単に取付けられる。

f:id:firewoodblog:20191122145136j:image

理由は暖房性能や燃費うんぬんではなくオーロラ燃焼を楽しみたいただそれだけ笑

巡航運転の方は優秀なドラフトスタビライザー様に一任します。

やってみないと分からないが、イスラは綺麗なオーロラを見せてくれると思います♪

 

★ドラフトスタビライザーは既存の150φ煙突にT型煙突(シングルでも二重煙突でも)を組み合わせれば取り付け可能です。取り付け自体も工具など必要無くスポッとはめるだけで超簡単です。

スト-ブ本体の機種は何でもOKです、興味ある方は導入されてみてはどうでしょうか♪

 

次回で最後になりますが、その他細かな点の使用感をレポートします。

 

 

次回 PANADEROイスラの使用感【3】

 

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

PANADERO イスラの使用感【1】

先日の日曜はクヌギの伐倒で山に入ってました

斜面での作業で身体がボロボロです笑

 

こんばんは薪ブログです

 

今シーズンから我家を暖めてくれているパナデロ社のイスラについて、実際に我家で焚いてみた使用感を書きたい。

率直に良いストーブだと感じながら毎日焚いている。

f:id:firewoodblog:20191118205828j:image

6月にストーブの入れ替えを行い我家にやってきたイスラだが、今シーズンはまだ始まったばかり。11月後半の現在までの印象だが、我家の環境にマッチしたストーブだ。

f:id:firewoodblog:20191118215943j:image

 

気になる部屋全体を暖める暖房性能と薪の燃費に関しては以前のストーブとほぼ同じだ。

以前使用していたオノストーブのジェニファも冬の間しっかりと我家を暖めてくれていた。

リビングが吹抜け22坪という広い空間を暖めなければならない我家の環境で、本気焚きをして2時間で部屋全体の室温上昇5℃を目安に焚いてきたが、イスラでもそれは同じで薪の投入量もまた同じぐらいだ。

イスラの方が横長の形だから大きく見えるが、実は二つのストーブは炉内容積がほぼ同じだからストーブから発する熱量も同程度となるのだろう。ジェニファは40センチの薪を井桁で組めたのに対してイスラは横方向に最大70センチの薪が入るとはいえ奥行き方向は狭い炉内となっている。

ただイスラの個性として、部屋全体の室温上昇以外にストーブ前面への強い輻射熱があり、この点が我家の環境にマッチしていると感じている。

f:id:firewoodblog:20191118220043j:image

この前面への輻射熱はストーブ炉内に覆われているバーミキュライトによって生まれているのだが、ストーブを着火してから約30分後にはストーブから3.7m離れたソファーに座っている私に輻射熱が届いてくる。

これは部屋の実質温度とは別の体感温度であり薪ストーブの有り難さをより感じられる温もりだ。

ただし、この輻射熱に関しては注意点も同時についてくるだろう。

それはその家の環境にマッチするかどうかという点だ。

我家におけるリビングの広さとストーブ本体の設定位置では非常にありがたい前面への輻射熱だが、他の家では当てはまらない場合があるだろう。

例えばストーブのガラス面から2メートルぐらいが家族ダンランのスペースだとしたら熱くて居れたものではない笑

寒い外から帰ってきて急いでストーブにあたるって事はよく有る光景だとは思うが、その時はその2メートル以内の範囲は天国のような空間だろう。

しかし、生活しながら寛ぐ空間としては暑過ぎる笑

f:id:firewoodblog:20191118220113j:image

イスラの導入を考えている方がいるなら、狭いリビングだったり、または生活空間がストーブ前面から2m以上離れた環境でないと逆に不快となってしまう可能性も考慮しなければならない。

まあでもそこら辺は設置してくれるストーブ屋さんがしっかり考えてくれて機種の選択を含めたプランニングをしてくれるんだろうけど。

でもそれって贅沢ですよね、確実に暖かいストーブだという事です。

 

書きたい事は沢山あるが長くなるので続きはまた次回

 

次回はこのトーブを扱っているPANADERO JAPANが採用しているドラフトスタビライザーについて書いていく。

f:id:firewoodblog:20191118210234j:image

 

次回 PANADEROイスラの使用感【2】

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

薪の家

今朝は今シーズン1番の冷え込みって事でがっつり樫様でフルパワー焚きしました❤︎

 

こんばんは薪ブログです

 

夕方まで熾が残ってたわよ❤︎

 

タイトルの薪の家ですが、、、、

先日の事、

私に薪ストーブを教えてくれた友人の家に遊びに行ってたのですが、

 

彼の家が、、、、

 

f:id:firewoodblog:20191115220548j:image

薪の家になってました笑

 

壁三方向が全て薪です

f:id:firewoodblog:20191115220703j:image

 

海を見下ろす南側だけはフル開放

f:id:firewoodblog:20191115220742j:image

 

 

いや〜私も相当薪変態だなと思っていたのですが、、、

完全に負けてしまった笑

 

もちろん彼がここに住んでる訳では有りません笑

この薪ルームは自宅の前に彼が自分で建てたテラスの上に更に屋根を張って、その壁ごと薪棚にしている薪廃人ルームです笑

 

我家の奥方も一緒に行ってたから、少しはお父ちゃん達の薪に対する愛が解ってくれたかな?笑

 

 

また次回

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com

 

 

 

firewoodblog.hatenablog.com